• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

「OECD PISA最新結果アジア・ローンチ・シンポジウム」東大安田講堂で12/6にハイブリッド開催

2023年11月29日

OECDは12月5日(パリ本部時間)に最新のPISA2022の結果を発表する。この発表に伴い、PISAのエビデンスに基づく教育政策の立案に資するべく、アジアに焦点をあて、教育の未来に関するシンポジウムが12月6日、東京大学本郷キャンパスの安田講堂で開催される。オンライン参加も可能。要事前申込。

 

 

日本、アジアの教育関係者で未来の教育の課題を議論

シンポジウムの主催は、東京大学公共政策大学院ウェルビーイング研究ユニット。最新のPISA2022の結果・分析をアジア諸国に焦点を当てて発表するとともに、エビデンスから見える最新の生徒の学びとウェルビーイングの動向を踏まえて、日本、アジアの教育関係者で未来の教育の課題について議論する。

特に、PISA2022では数学リテラシーに関して詳細な調査が行われたこと。また、アジアにおいては、学力の高さに比して生徒のWellbeing(WB)の低さが長らく続いてきたこと。さらに、OECDのLearning Compassでも教育の目的にWBが掲げられ、今年5月に日本で開催されたG7教育大臣会合でも、WBの重要性が強調されたことなどを踏まえて、「次世代を担う生徒の学び」及び「生徒のウエルビーイング~エージェンシーをいかに支援するか?」について、議論を掘り下げる。

 

■開催概要

日 時 12月6日(水)13:00〜17:30

会 場 東京大学本郷キャンパス 安田講堂

主 催 東京大学公共政策大学院ウェルビーイング研究ユニット(代表 鈴木寛)

共 催 OECD教育スキル局、三菱みらい育成財団

協 力 NTT東日本、ベネッセコーポレーション

 

◆詳細・申込フォームはこちら

 

 

東京大学公共政策大学院ウェルビーイング研究ユニット


  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年02月19日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP