• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
学校施設

親子で食育〜和食を体験 和の食材学ぶ「子ども和食セッション」

2023年8月21日

子供が「和食」に触れて興味関心を高めるイベント「子ども和食セッション」が7月16日、東京・渋谷区の服部栄養専門学校で開催された。小学校4~6年生と保護者のペアで述べ96組200名が参加し、鰹や昆布、米など和の食材の良さを体感した。

親子ペアで参加、エビをさばく過程もじっくり体験できた

親子ペアで参加、エビをさばく過程もじっくり体験できた

「子ども和食セッション」は昨年に引き続き2回目。(一社)和食文化国民会議、服部栄養専門学校の共催で、午前の部・午後の部の2部制で参加者が入れ替わり、合計96200名が参加した。

「かつお」<にんべん>、「こんぶ」<日本昆布協会>、「しお」<伯方塩業>、「さかな」<大日本水産会>、「おこめ」<プレナス>、「しょうゆ」<日本醤油協会>、「まめ」<フジッコ>7つの教室では2545分の授業が行われ、さらに終日受講できる「はし」<三信化工、いただきます、 Info、はしわたし研究所>、「スパイス」<エスビー食品>、「みそ」<マルコメ>の教室が設けられた。(< >内は担当企業・団体)

参加した親子は希望する教室を複数受講し、実際に体験したり味わったりしながら和食について理解を深められる充実のプログラムだった。

今回初参加企業・団体の1つ伯方塩業の「しお」についての授業「楽しく塩を学ぼう!」では、さまざまな塩を味わったり、触った手触りを確認。`塩ひとつまみチャレンジとして、3本の指でつまんだ塩がおよそ1グラムを目安に、実際につまんで自分の`ひとつまみが何グラムかを量る体験もしながら、塩味がどのように和食の味わいを深めるのかを確認していた。

大日本水産会の「さかな」ブースは、今年は「和食に欠かせないエビ!なぜ長寿の象徴?」をテーマに、エビやカニについて学びながら、実際にエビをさばいて味わう授業が行われた。

また服部栄養専門学校の服部幸應理事長・校長による講演「食育 親子で楽しく料理を作ろう」、同校・西澤辰男日本料理主席教授による「簡単なだしの取り方・レシピ」も行われた。普段聞くことのできない食育の話や、調理の実演を交えた講義に、親子で楽しみながら聞き入っていた。

教育家庭新聞 健康・環境・体験学習号 2023年8月21日号掲載


  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年02月19日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP