• ソフトバンク
  • エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ
  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
教育ICT

【第92回】ICTキャンパス 東京工科大学「東京ゲームショウに15年連続で参加」

2021年12月6日
連載

学生はTGSのVR空間でイベントが体験できるSNS「cluster」上にゲーム7作品を発表した

東京工科大学(東京・八王子市)メディア学部は、「東京ゲームショウ(TGS)2021オンライン」に出展。VR(仮想現実)空間でイベントが体験できるSNS「cluster」上にゲーム7作品を発表した。TGSには07年に国内4年制大学としては初出展。以後、15年連続で参加している。

同学部は1999年に日本初のメディア関連学部として設立。3つのコース専攻「メディアコンテンツ」「メディア技術」「メディア社会」があり、最初に全学生が技術中心の基礎科目を身に付けてから各分野へ進み、ゲーム産業やゲームを活用した様々なイノベーションにかかわる研究を推進。さらに先端的な内容を扱う専攻授業もある。

映像作品を制作・編集する「V-Room」、作曲や音響用の専用機材がある「S-Room」、音・映像・CGなど各メディアを統合編集できる「MA-Room」や18台の専用カメラがあるDMCスタジオなど各種施設も充実。10年からは世界規模のゲーム開発ハッカソン「グローバルゲームジャム」の国内会場の1つとして、学生がプロとチームを組んでゲームを制作する実学の場となっている。

プロジェクトベースで3年間の成果を発表

TGSで発表した作品は、メディア学部「プロジェクト演習」の成果。3年間で、専門的な内容をプロジェクトベースで学ぶもので、成績は半期ごとに採点するが、通常授業のように半期だけで終了するのではなく、長いスパンのプロジェクト目標に対して、他の講義科目で得た知識も活用し、学生自らが実践する。今回、TGSで発表した作品のうち2作品を紹介する。高い映像技術やメッセージ性のあるユニークな感性が面白い。

■FOUR LEGS CHIKEN

都会に憧れて人間社会にやってきたニワトリ。そこには人間においしく食べられている仲間の姿があった。怒りを覚えたニワトリが復讐心から街を壊す3Dアクションゲーム。

■Gravarior

廃棄された宇宙船からエネルギー源を回収する主人公が宇宙で出会う様々な謎の生物を打ち倒すアクションパズルゲーム。宇宙を舞台とすることで「重力」の操作が必要になる。

3年次にTGS参加
4年次は学会発表も

メディア学部の三上浩司教授は、TGSに出展することの教育的効果について、「世界最大級のゲームイベントにおいて、自分たちの渾身の作品を展示することは代え難い達成感が得られます。また、プロの開発者や一般ユーザーからの視点で評価を受けることができます。学生にとっては、作品制作に自分のすべてを出しきり、さらにその上を目指すための向上心が得られる場でもあると考えています」と話した。

TGSに参加した学生は、翌年以降に出展する後輩たちに、ステューデントアシスタントとして、自分たちの経験をもとに、援助・指導している。

TGS以外のイベントにも積極的に参加。TGS出品作品をブラッシュアップして「クリエイター甲子園」や「福岡ゲームコンテスト」などのゲームコンテストに応募したり、「デジゲー博」のようなイベントに展示することもある。

3年次のTGSの経験を経、4年次に取り組んだ卒業研究は、情報処理学会、日本デジタルゲーム学会、芸術科学会、ACM SIGGRAPHといった国内外の学会で発表している。
(蓬田修一)

教育家庭新聞 教育マルチメディア号 2021年12月6日号掲載

関連記事

  • アイキューブドシステムズ
    フィンランドの英語教科書
  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2022年08月01日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP