• エレコム
  • アライドテレシス
  • soliton

  • 教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
学校施設

健康育む保健室 第5回「統計結果と実際の対応で児童の不安に寄り添う」東京都足立区立弘道第一小学校 東真理子主任養護教諭

2020年11月16日
連載

東京都足立区立弘道第一小学校(佐々木浩志校長)は、全校児童340人。「初めて」の状況が多いコロナ禍の中、今年度からの新たな試みとして、全児童の心身の健康状態を観察するアンケート調査を継続的に実施している。

続的な統計調査で不安傾向を可視化

低学年は高学年よりも平均値が高く推移

低学年は高学年よりも平均値が高く推移

心身の健康観察アンケートは、これまでに6回行っている。1〜3回目までは、5月の休校期間中に自宅で回答を記入し登校時に提出。4回目は分散登校中の6月上旬に実施。一斉登校が再開された7月下旬に5回目を、9月上旬に6回目を行った。アンケート用紙は記名式で、「食よくがなくなった」「おこりっぽくなった」「だれかにあまえたいな(そばにいたい、話がしたい)と思うときがある」などの8項目について、「ない(0点)」「すこしある(1点)」「とてもある(2点)」から回答する。学年ごとの平均値のほか、6回分の回答の累計値も児童ごとに算出する。

また、アンケート用紙には、今思っていることや考えていることを自由に書く項目も設けた。現在の自分の心情を、文章だけでなく絵で表現する児童も多い。低学年ほど他人に甘えたい傾向が、高学年ほど睡眠障害や食欲低下の傾向があることも分かった。教室では元気に笑っているように見えても、心の負担の値が大きかった児童もいる。

学校再開後の5回目・6回目の調査では全学年において、1〜4回目の調査よりも高い平均値が示された。実際に、夏休み以降の保健室は、来室人数・支援を要するケースともに増加した。同調査は、児童全体の心身の状態を知る一つのツールとして機能しはじめている。

一方で、アンケート調査だけでは見えてこない実情もある。東真理子主任養護教諭は、「アンケート調査と保健室での直接の対応の両方をすり合わせて、児童一人ひとりの様子を注視していきたい」と語った。

「助ける子」を増やしいじめを予防する授業

薄い生地で閉塞感を軽減

薄い生地で閉塞感を軽減

コロナ禍の影響で今年度はまだ実施できていないが、東主任養護教諭は毎年、「いじめ予防授業」を3時間の特別活動として実施してきた。いじめは子供たちの生涯にわたって睡眠障害などの悪影響を与えるため、医学的観点を含めて授業を構成。いじめ発生による健康阻害を未然防止するロールプレイングなどを行い、「見ているだけの子」から「助ける子」への変化を促す。

教育家庭新聞 健康・環境・体験学習号 2020年11月16日号掲載

健康育む保健室

thumbnail
thumbnail
thumbnailthumbnail

関連記事

  • Chromebook
    シスコシステムズ
    清和ビジネス
    アイキューブドシステムズ

  • 教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2020年11月20日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます
教育家庭新聞 Facebookページ
教育家庭新聞 Twitter

PAGE TOP