• アイテス
  • 教育委員会対象セミナー東京開催
  • 教育委員会対象セミナー松山開催
  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
教育ICT

GIGA端末を活かす!教員研修・授業活用<8>「1人1台環境時代の家庭訪問~対面とオンラインを選択・大刀洗中学校」中村学園大学教育学部 山本朋弘教授

2022年2月7日
連載

11台の情報端末は、授業での活用だけではない。児童生徒が情報端末を家庭に持ち帰ることによって、学校と保護者との連携でも有効に活用できる事例が見られるようになった。

福岡県大刀洗町教育委員会では、児童生徒が11台の情報端末を日常的に活用し、学習に向かう意欲にも効果が見られるようになった。授業以外でも積極的に活用し、活用スキルは確実に定着。さらに、家庭と学校の連携において、11台の情報端末を有効活用する取組を進めている。

家庭訪問を対面とオンラインから選択できるので、年に3回程度実施できるようになった

大刀洗中学校(別府英樹校長)では、保護者が家庭訪問を対面とオンラインから選択できるようにした。オンライン家庭訪問では、家庭だけでなく、保護者が仕事場や移動先から教師と話し合うことができる。保護者が家庭訪問の時間帯を調整するのが容易になるとともに、年に1回だけでなく、年に3回程度を実施することができるようになった。オンライン接続の方法や環境は、学校から家庭向けの資料を配付して説明した。

ポイントは「対面」と「オンライン」のいずれかを保護者が状況に応じて選択できる点である。また、オンラインであれば、一度だけでなく、必要に応じて何度でも実施することが容易である。担任教師の負担軽減につながるとともに、保護者が担任教師と話し合う機会が確実に増えているようだ。家庭環境の多様化は進んでいて、教師の負担やストレスも増えてきている。このような大刀洗町の情報端末の活用は、教師の働き方改革にもつながるであろう。

教育家庭新聞 教育マルチメディア号 2022年2月7日号掲載

関連記事

  • アイキューブドシステムズ
    フィンランドの英語教科書
  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2022年06月17日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP